【業務無線|原一探偵事務所の専門装備】

チーム尾行の最重要インフラ

無線機写真

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ

 

一対多通信が可能な無線は不可欠

尾行はチーム尾行が必須です。

 

単独尾行は発覚(バレる)か失尾(見失う)のリスクが極めて大きく、プロのやることではありません。

 

チームメイトのスムーズな連携のためには、一対多の通信ができる通信システムが不可欠。

 

原一探偵事務所では、高級な業務無線が使われています。

 

他の用途に使われない通信帯域のため、混線が少なく、常にクリアな音で通信できます。

 

原一探偵事務所では、調査員ひとりひとりと、車1台1台にそれを配備しています。

 

同社は尾行技術に強い自信を持っていますが、業務無線はそのインフラとなっているのです。

 

「それが特別なこと?探偵社なら当たり前では?」と思うかもしれません。

 

しかし、実はほとんどの探偵社は業務無線は持っていないのです。

 

持っていても全調査員と全車両に配備している会社は、まずありません。

 

理由は費用で、1台10万円以上する経済的負担に耐えられないからです。

 

インフラが証拠写真の品質に影響

他社はスマホ等で連絡を取りあっていますが、一対多の通信ができないため、非常に不便です。

 

車は1台か2台しかなく、貧弱な通信インフラを使っている―これが多くの探偵社の実状です。

 

インフラの悪さは尾行技術レベルに影響し、ひいては証拠写真の品質に影響します。

 

どんな言い逃れもできないような明白な写真。

 

裁判官も証拠能力を認めてくれるはずと確信の持てる写真。

 

原一がそんな写真を撮ってこれるのは、探偵のスキルアップに注力していることはもちろん、インフラにしっかり投資しているからでもあるのです。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ