【企業関係の調査|原一探偵事務所の調査の実際】

会社を守るために探偵を使う方法

企業関係の調査は、マーケット自体が小さいので、まったく経験もノウハウもない探偵社も多いです。

 

依頼する側としても、個人零細ではなく、企業としてしっかりした探偵社に頼みたいでしょう。

 

原一探偵事務所なら、どちらの面からも申し分ないと思います。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ

 

どんな調査があるか?

企業関係の調査と言っても、信用調査(倒産の危険性など)ではありません。

 

それは帝国データバンクや東京商工リサーチの分野です。

 

探偵社が行うのは、主に下記のような人物の行動調査です。

 

つまり、尾行・張り込みで相手の行動を写真記録することです。

 

排除が必要な可能性のある問題社員
  • サボりの常習犯と思しき外回り営業マン
  • 実は元気という噂の長期休職者
  • 他社に秘密漏洩している疑いのある社員
  • 反社会勢力とつきあいの噂がある社員

 

大事な役割をまかせる人物(予防的調査)
  • 大きな取引を初めてする相手
  • 役員昇格予定者
  • 役職者として採用予定人物

 

企業スパイの調査では行動調査のほかに、盗聴器発見も使われることがあります。

 

原一での企業関係調査事例

上記2種の調査のうち、依頼件数が多いのは前者です。

 

原一の探偵にインタビューした際に、次の2事例について聞きました。

 

事例1 外回り営業マンのサボり

ターゲットはまったく業績が上がらず、営業部内でもサボりの噂が絶えない。

 

当人への措置以上に、営業部内の士気への悪影響が問題になっていた。

 

その会社はプリペイドカードの乗降車記録と日報を照合して、営業マンの行動管理を行っていた。

 

記録は完全に合致しているが、疑いは晴れない。

 

他に確認方法がないので、探偵への依頼に踏み切った。

 

尾行・隠し撮りによる行動調査の結果、悪質なサボりが判明した。

 

移動は日報通りだが、移動先ではほぼ1日中、喫茶店・映画館・パチンコ屋などで過ごしていた。

 

事例2 長期休業者の労災不正受給

腰痛のため、長期休業して労災保険を受給している社員がいた。

 

長時間座っていることができず、デスクワークができないとのことだった。

 

しかし、ほかの社員から元気そうに活動している目撃報告がしばしば上がる。

 

放置も限界なので、探偵に行動調査を依頼した。

 

自転車に快適に乗り、パチンコ屋で終日座って遊ぶ姿などが捉えられた。

 

調査のメリット・デメリット

社員に対して安易に探偵を使えば、不信感を招くデメリットはあります。

 

「社長は社員を信じないのか?」というわけです。

 

しかし、度を超した不良社員を放置すると、会社全体の士気が下がっていきます。

 

他の社員が「何か手を打つのか、放置するのか?」と見守っているような状況まで来た場合。

 

その場合には、他に方法がないなら、探偵の利用も理解されると思うのです。

 

ひとつの腐ったりんごを取り除くことで、会社というリンゴ箱全体まで防ぐのを防げる。

 

このメリットは非常に大きいと考えます。

 

その時だけでなく、会社の将来を左右するメリットだと思うのです。

 

調査のコストパフォーマンス

問題社員を1年放置するだけで、400万円くらいの人件費は軽くかかってきます。

 

問題社員の人件費の試算例

年間給与        350万円
社会保険等(15%)    52万円
合計            402万円

 

ここに通勤費、各種手当、福利厚生費などが加わります。

 

外回り営業マンなら月の旅費交通費が10万円とすると、年間120万円です。

 

問題社員単独のコストだけで軽く600万くらいになってしまうわけです。

 

ここに周囲に与える悪影響による損失を金銭換算したら、何千万円にもなるでしょう。

 

一方、行動調査はウィークデー5日の調査で100万円くらいからできます。

 

余裕でペイするわけです。

 

 

 

というわけで、このような困った状況を抱えている方は、原一に相談してみてはどうかと思います。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ