【遺産分割を進めるために必要な行方不明相続人の捺印を確保する原一探偵事務所の調査の実際】

早く遺産分割を進める方が得策

 

原一探偵 基本料金50%OFFクーポンはコチラ

 

全員そろわないとできない遺産分割

遺産の相続人が複数いる場合、全員が合意して分割案に捺印しないと遺産分割はできません。

 

ところが、そのうちの一人がまったく居所がつかめないということがあります。

 

親族とも連絡が途絶えてから10年以上も経過。

 

日本国内にいるのか、生死すら不明、ということもあります。

 

たとえそんな事情でも、全員が合意しないと遺産分割はできません。

 

死んでいるなら、死亡証明が必要です。

 

そんな手がかりの乏しい人探しは、プロの探偵の仕事です。

 

素人が休日などに動いていたのではいつになるかわかりません。

 

塩漬けになれば資産減損の危険

遺産分割ができずに「塩漬け」の状態になれば、その間に遺産が大きく減損する可能性も出てきます。

 

株式や外貨などの金融資産は相場の暴落で激減する可能性があります。

 

家屋は老朽化しますし、地震・火災・風水害で消失する可能性もあります。

 

塩漬けの期間も不動産には固定資産税がかかってきます。

 

探偵に少額使って早く相続したほうが得

確かに探偵に頼めばそこそこの額がかかってきますが、「遺産」に比べれば微々たる額です。

 

遺産を早く手に入れるための「経費」と考えれば、非常に割のいい話なのではないでしょうか?

 

分割後の遺産を原資として、相続人で分担して探偵依頼料を立て替える。

 

そういう考えで探偵料を捻出し、頼んで早く解決してしまった方が絶対に得だと思います。

 

原一探偵事務所はこの分野でも多くの実績があり、仕事が早いです。

 

相談は無料なので、下記ページをみて話を聞いてみてはどうでしょうか?

 

原一探偵 基本料金50%OFFクーポンはコチラ