【横浜支社|原一探偵・地方拠点探訪録】

横浜のトップ探偵社のひとつ

A調査部長とW次長も横浜を熟知

【横浜を熟知するA調査部長(右)とW次長】

 

横浜には有力な探偵社がいくつもありますが、原一探偵事務所・横浜支社もそのひとつです。

 

当サイトでは横浜の調査事情について取材したことがあります。

 

その詳細は別のサイトにまとめているので、このページではダイジェスト版をお届けしましょう。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ

 

尾行種類の傾向

横浜・川崎は比較的徒歩尾行の案件の比率が高い地域です。

 

これは横浜が全国有数の路線集中地区であるためです。

 

また新幹線を使った遠距離不倫も多いです。

 

川崎市も麻生区など山の手では、都内に電車で通勤する高所得サラリーマンを追尾する依頼が多いです。

 

一方、横浜は全国屈指の車両尾行が難しい地域でもあります。

 

理由のひとつは住民が地域ナンバーに過敏なことです。

 

横浜ナンバー以外の車が停まっているとすぐに怪しみます。

 

と言って横浜ナンバーの車で遠方・他県まで追うと、今度は「なぜ、こんなところに横浜ナンバーの車がいるのか?」と怪しみます。

 

そして横浜の山の手は曲がりくねった見通しの悪い坂道が多く、追尾もしにくいし、張り込みの駐車場所も確保しにくい。

 

また、高所得者が多く住む地域では古い汚れた大衆車は怪しまれるので、土地になじむ高級車を投入できることもポイントです。

 

地区別の浮気調査のポイント

 

横浜中心部

みなとみらい21、横浜ランドマークタワー、赤レンガ倉庫、山下公園などでデートするのは、他都市から観光に来たカップルが中心です。

 

休憩や宿泊はシティホテルになります。

 

みなとみらい近辺はラブホテルの新設が法で禁じられています。

 

関内や伊勢崎のラブホテル街は少し離れている上、雰囲気が怪しくてスタイリッシュな中心部と格差がありすぎます。

 

そこで客はシティホテルを好み、ホテル側も「デイユース」の呼称で休憩サービスを提供するようになったわけです。

 

シティホテルは逢引き以外の目的でも使われる場なので、ロビーで一緒にいただけの写真では証拠になりません。

 

一方、ホテル側のセキュリティ管理は厳格化しており、同じ部屋に入室する写真を撮るのは年々難しくなっています。

 

赤レンガ倉庫

【赤レンガ倉庫】

 

関内・伊勢佐木町

伊勢崎町は昼間は活気のある健全な雰囲気ですが、夜になると妖艶に変身します。

 

関内はもっと怪しい感じで、新宿歌舞伎町に少し似ています。

 

おしゃれな中心部と真逆な横浜のもう一つの顔を好むのは、若い人、裕福ではない人、カジュアルかつストレートに逢引きを楽しみたい人です。

 

ターゲットがこの地区に入った場合は、たいてい居酒屋の後にラブホテルに行くのを記録することになります。

 

夜の伊勢佐木町

【夜の伊勢佐木町】

 

新横浜駅周辺

新横浜駅は横浜の中心部から7kmも北に離れていますが、ここにもラブホテル街があります。

 

ここを使う場合、新幹線を使った遠距離不倫のケースが多くなります。

 

月1回の出張などに合わせて定期的に会う関係が長く続いている場合もあります。

 

浮気の証拠取りの後に相手の所在調査もする場合、遠方になることを覚悟しておかねばなりません。

 

最近の調査事例では、相手は神戸の人だったそうです。

 

新横浜駅前のラブホテル街

【新横浜駅前のラブホテル街】

 

横浜山の手

冒頭で述べたように、横浜の山の手は見通しの悪い坂道が入り組んでいて、車両尾行や張り込みがしにくい場所です。

 

さらに長く続く急な階段や抜け道の類が張り巡らされています。

 

ターゲットがこういう道に入ると、横浜に不慣れな探偵は不安になります。

 

「尾行に気づいて巻こうとしているのではないか?」と。

 

しかし、住民はこういう近道を日常的に使っているだけなのです。

 

横浜山の手の急階段

【横浜山の手の急階段】

 

横浜の家出人捜索

東京近辺の県で千葉・埼玉や群馬・栃木・茨城などの人は県内に留まることはなく、ほぼ100%都内に出ます。

 

行き先は上野・秋葉原、または新宿・池袋の漫画喫茶やネットカフェが多いです。

 

しかし、神奈川県の家出人の滞在先は、東京都が至近距離であるにも関わらず、横浜駅近辺が最有力候補です。

 

これは横浜のネットカフェ等における本人確認が都内より緩いためです。

 

駅前のネットカフェには多くの家出人が滞在しており、中には悪臭たちこめる不潔な安宿と化している場所もあります。

 

横浜駅前の様子

【横浜駅前の様子】

 

以上は計画的でない家出で、自殺の危険のない人の場合の話です。

 

家財道具がごっそりなくなっている場合は、事前に住居を手配しているということですから、個別の事情を精査しないとわかりません。

 

また、自殺志願の家出人は、思い出の地を旅した後に決行する傾向が強いです。

 

探し方は先に述べたような家出人とは全然変わってくるので、早めに相談した方がいいです。

 

原一さんは全国に支社があり、人探しの分野では業界トップクラスの実力を持つ探偵社です。

 

横浜の結婚調査

昭和の時代までは、結婚調査とは実家の親兄弟の様子を調べるものでした。

 

それが平成の時代に、相手本人を調べる調査に急速にシフトしていきました。

 

「渋谷のIT企業勤務らしいが、何の仕事かわからないし、そもそも勤務実態があるのか、というところから調べてほしい」

 

そんな依頼が急増したのです。

 

しかし、ここ横浜では古いタイプの結婚調査も健在です。

 

資産のある旧家・名家もあり、横浜という土地にプライドを持つ人も多いためです。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ