【札幌支社|原一探偵・地方拠点探訪録】

今では道内トップクラスの1社

原一札幌支社の精悍な探偵たち

【原一札幌支社の精悍な探偵たち】

 

原一の札幌支社は立ち上げから10年以上になります。

 

たった2人で立ち上げた当時は、顧客の確保も探偵の採用も大変だったそうですが、今では道民の支持の高い有力探偵社になっています。

 

当サイトはこの2人に取材したことがありますが、その詳細は別のサイトに収録しているので、ここでは要約をご紹介しましょう。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ

 

北海道の浮気調査

北海道と日本の他地域の大きな違いは、まず人口密度や交通量の低さです。

 

混雑した場所での尾行は失尾の危険が高いのですが、北海道のような場所は逆に発覚のリスクが高まります。

 

尾行や張り込みが人目について、とても難しい地域なのです。

 

次に積雪量の多さと本州とはレベルの違う厳寒が挙げられ、冬期は調査の困難さが最高レベルに達します。

 

車社会なのでほとんどが車両尾行の案件なのですが、冬期には本州の調査で多用されるカモフラージュテクニックがほぼすべて使えなくなります。

 

除雪が積み上げられ車線減少

【除雪が積み上げられ車線減少】

 

除雪された雪が積み上げられ、車線が減少し、対向車のすれ違いが難しくなることも多いです。

 

交通量の少ない細い道など、積雪が多くて通行不能になるケースもあります。

 

除雪された雪は一見柔らかそうですが、中身は融解と凍結を繰り返して岩のようになっており、擦ると車を破損します。

 

路肩は雪深く、スタックの危険でいっぱいです。

 

こういう環境下で複雑なテクニックを使うと車が雪で動かなくなって自滅するリスクが大きい。

 

だから、北海道の車両尾行は距離を空けながらシンプルに後をついていく感じです。

 

本州での車両尾行は、数台のチームで各種のカモフラージュテクニックを使って頻繁に交代しながら追います。

 

北海道の場合は、1台を長めに使い、途中で別の車に交代し、1台ずつ使い切りながら数台で追うやり方になります。

 

危険な積雪期の夜間

【危険な積雪期の夜間】

 

アイスバーン、ホワイトアウトなどもあり、夜間の車両尾行は特に危険です。

 

しかし、土地の浮気カップルはお構いなしに100km以上の猛スピードで飛ばします。

 

方向指示器も出さずに急な車線変更をされることも多く、ついていくと轍の雪に足を取られてヒヤリとしたりします。

 

北海道の冬の浮気調査は、探偵も命がけなのです。

 

こういう本州と全然違う状況に対応するノウハウを何年もかけて手探りで編み出していったそうです。

 

原一札幌支社No.2だったK部長

【原一札幌支社No.2だったK部長】

 

そんな話を聞かせてくれたのは、北海道支社立ち上げメンバーの一人、K現部長でした。

 

とても知的な印象の方で、現在は埼玉の本社に勤務しておられます。

 

新千歳空港

【浮気旅行の玄関口: 新千歳空港】

 

さて、北海道は人気の観光地であり、全国から浮気カップルが不倫旅行に訪れますが、その玄関口になるのが新千歳空港です。

 

全国各地の支社から引継ぎを受けて、ここから札幌メンバーの尾行がスタートします。

 

旅行シーズンにはこうした道外カップルの調査が全体の1割くらいになるそうです。

 

逆に北海道から道外に出る不倫カップルを見送るのもこの空港です。

 

ここで尾行を終えて、行先の支社に引き継ぎます。

 

行き先は東京が圧倒的に多いそうです。

 

ススキノのラブホテル街

【ススキノのラブホテル街】

 

札幌で重要な現場の第一がススキノのラブホテル街です。

 

道内カップルはもちろん、道外の人も利用します。

 

男女とも道外から旅行で来る場合は、宿泊はシティホテルや旅館になりますが、片方だけの場合はここが多いのです。

 

例えば、女性が札幌以外の町の人で本州の男性と遠距離不倫をしている場合。

 

出張に合わせて札幌まで出てきてくれれば、男性も便利です。

 

ススキノで飲んでいても、二人とも知り合いに出くわす危険はありません。

 

だからススキノで飲んで、そのままホテル街に行くのです。

 

あるいは一人でラブホテルに入ってデリヘル嬢を呼ぶケースも多いそうです。

 

札幌市西区のラブホテル街

 

しかし、二人とも札幌在住の場合は、ススキノでは知り合いに見られるリスクが気になるかもしれません。

 

そういう場合は、西区のラブホテル街を利用します。

 

ここは住宅地の中に忽然と現れる秘密めいた場所です。

 

北海道支社を取材した際に私(このサイトの著者)も連れていってもらい、妙なときめきを覚えた記憶があります。

 

この時に車で案内してくれたのが札幌支社長のSさん、二人の立ち上げメンバーのNo.1の方です。

 

Sさんはプロの格闘技経験者で、いかにも強そうですが、ユーモアに富んでいて、部下に対する口調も優しい方です。

 

原一札幌S支社長

【原一札幌S支社長】

 

北海道では札幌と旭川に2〜30軒規模のラブホテルの集積がありますが、ほかはそんなにありません。

 

例えば江別なら1軒だけです。

 

というわけで、ターゲットのプロフィールと合流場所がわかれば最終目的地はだいたいわかるそうです。

 

熊出没注意

【熊出没注意】

 

さて走行時に野生動物に注意しないといけないのも北海道ならではです。

 

飛び出してきた鹿と衝突しそうになることは多いそうです。

 

北海道の浮気ではカーセックスも多いそうですが、そういう場合の張り込みでは熊の出没にも注意する必要があります。

 

北海道の家出人捜索

道内の人の家出の場合、すすきののネットカフェなどで見つかることが多く、北海道を出ることは稀だそうです。

 

車を利用している場合は、道の駅やパチンコ屋の駐車場を丁寧に探します。

 

一度探して見つからなかった場所でも、繰り返し探すことが大切だそうです。

 

成人男性の家出は自殺志願のことも多いので、捜索は急を要します。

 

留年、就職失敗、リストラなどを機にいなくなった場合は特に危険です。

 

そういう人は思い出の場所を旅行した後に決行することが多いのですが、その場所を上手に絞り込まないと選択肢が多すぎて探せなくなります。

 

決行場所は思い出の場所の近くの山林などが多いですが、冬場はもっと簡単に死ねてしまいます。

 

泥酔して野外で眠り込むだけで凍死するのです。

 

春になって雪解けとともに死体が出る話は多いようです。

 

生きて発見して引き合わせたいので、家出人捜索は早めに相談してほしいと言っていました。

 

原一探偵 基本料金50%OFFはコチラ